読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若年性乳がんと共に生きる〜アラサーOLの日常〜

27歳で乳がんを発症しましたが、毎日元気に生きてます!

セカンドオピニオンの大切さ

一番初めに行ったクリニックで検査をしてもらった後、検査結果が出る前に

地元の某大学附属病院へも行ってみました。

 

そこの先生は、開口一番

「全摘しましょう。」

 

知識のなかった私は、全摘する気満々でした。

それが手っ取り早い!ぐらいに思ってた・・・

無知って本当、怖いです。

 

が、初めのクリニックで紹介状を書いていただいて向かった

他の大学病院の先生は、全く別のことをおっしゃいました。

 

「術前に、抗がん剤投与の治療を行います。

それでがんが小さくなれば、温存治療ができますよ。」

 

え、胸残せるの!!??

 

がんは、とりあえず手術で取り除く、というイメージしか

なかった私。

無知って本当、怖いです。(2回目)

 

結果、2.8センチもあったしこりは抗がん剤によってどんどん縮小し、

術前の検査では1センチ以下にまでなっていました。

 

手術が終わった後、摘出したがんを

先生が両親に見せて下さったらしいのですが

形も全然ないほど、小さくふにゃふにゃになっていたそうです。

 

1つの病院だけで終わっていたら、何も疑わずそのまま全摘をしていたと思います・・

 

病院によって、治療法が全然違うので

少なくとも2つの病院には行ってみることをオススメします。

 

色々な先生に会って、治療法も自分で選びたいですね!!